逆援助をするならモテる男になろう!

逆援をするには

逆援助交際とは、男性が女性に金をもらってセックスをすることです。
そんな夢みたいな話、と思われるかもしれませんが、これが実在するのです。
しかし、誰にでもできるというわけではありません。
逆援助交際をする個性の強い女性たちにもてるような、そんな男性でなければいけないのです。

では、逆援助交際をする女性にもてる男とは、いったいどんな人なのでしょう。

逆援をする理由

出会い系サイトの、「大人の関係」「即会い」「セフレ希望」といった掲示板を覗いてみましょう。
そこは上から下まで、援助交際を希望する女性らの書き込みに埋め尽くされているはずです。
そうなのです、女性というのは、買ってもらうことはあっても、男を買うということはほとんどないんですね。

なぜかというと、セックスをしたがるのは男のほうであり、女性は体を「提供する側」であるからです。
たとえば、見た目普通の女性が、男友達や、そのへんを通りすがった男性に「セックスしませんか」と言ったとしましょう。
おそらく、一人目か二人目、時間にすれば十分とか二十分のうちに相手は見つかることでしょう。
タダでエッチをさせてくれると聞いて、興味を持たない男はいません。

では、逆の場合はどうでしょうか。
男が女性に対して、「セックスしませんか」と言った場合は?

おそらく、相手はそうそう見つかりません。当然のことですよね。
気持ち悪いとか言われて終わりでしょう。
このように、女性は男性と違って、セックスがしたいと思ったらいつでもできる環境にあるのです。

では、逆援助交際をする女性はどうして、金を払ってまでセックスをするのでしょうか。
それは当然のことながら、そうでもしないとセックスができない状況にあるからです。
見た目が悪いとか、タダでヤらせると言っても男が寄ってこない年齢であるとか、性癖がかなり偏っているとか、そういった理由で、普通の男性に相手にしてもらえない女性たちが、逆援助交際をするのです。

逆援女性にもてる男

それはつまり、逆援女性は、普段あまり男にもてないということでもあります。
恋愛などしたことない、あるいは、それから長い年月離れてしまっている、そういう人たちです。
そういった女性らにもてるのは、恋愛をしているような気分を味わわせてくれる男性です。
まるで王子様のように、自分を大切に扱ってくれて、一緒にいるときは他のカップルたちと同じように、自分といちゃいちゃしてくれるような男性です。

つまり逆援女性にもてる男性とは、ストライクゾーンがとんでもなく広いか、あるいは、金のためなら本心を完全に隠し、そういうお店の従業員のように、女性に恋人気分を味わわせてあげられる人なのです。

しかし、これは中々難しいことですよね。
たとえば、そんなに好きでもない女性に、面と向かって「好き」というのは、実際にやってみると結構難しいものなのです。
それは嘘をつくという行為であり、女性の純粋な気持ちをもてあそぶという行為であるからです。

普段男にあまりもてない女性というのは、男の喜ばせ方、扱い方を知りませんし、男を何か笑わせたり喜ばせたりしようとした言動も、普通の感覚とはちょっぴりずれています。
神経質な人は、それでいらついてしまうかもしれません。
でも、それでは金は稼げない。

逆援女性にもてる男になるには、少なくともそういった男を「演じられる」ようになるには、普段から、かなりマニアックなAVを観たり、男にもてなさそうな女性及びその集団と積極的に会話することが肝心です。
そうすることによって、逆援女性をどのように扱い、どのように自分の心の平穏を保つべきかが見えてきます。

大変なことではありますが、男がセックスして金をもらおうと思ったら、そのくらいのことはしなければいけません。
無理だというなら、諦めたほうがいいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ