逆援助交際相手探しのパターン

逆援助交際を作りたい場合には、逆援助交際作りのある程度のパターンを把握しておくことが重要です。
いざ逆援助交際が欲しいと思っても、どうすればいいのという疑問を抱く方は少なくないでしょう。

まず異性とどこで出会うのか。
しかも逆援助交際の関係を希望している異性と巡り会う必要があるわけです。

■逆援助交際の関係を築くパターン

逆援助交際の関係を築くパターンとしては、リアルな生活での異性の友人。
更に会社やアルバイト先の同僚やサークル仲間なんて、面識のある異性を逆援助交際にするパターンです。

次に合コンやナンパといったまったく面識のない異性にアプローチをかけ、それをきっかけにして関係を縮め、逆援助交際にするというパターン。
最後に出会い系サイトやline掲示板といったインターネットなどの出会いツールを使って出会った異性と関係を深めて逆援助交際へと発展するパターンです。

■リアルな出会いはなかなかハードルが高い

逆援助交際という関係性を考えた場合、セックスの関係を築く以前に、ある程度の友人関係が必要になってくるため、既に面識がある異性を逆援助交際にすることの方が簡単だと思ってしまう方も少なく無いでしょう。

しかしながら、例えば彼氏や彼女、旦那さんや奥さんといった自分のパートナーとの面識があったりすれば、背徳感などを感じてそれに応じてくれる可能性は少ないですし、会社などの同じ所属圏の異性の場合には、周囲にバレた場合の対処や、トラブルに発展した場合のことを考えてなかなか思い切った関係には踏み切れないといったこともあるのです。

強引に逆援助交際の関係に発展させようとすると、結果的にパートナーにバレてパートナーを失うことになったり、社会的信用や職場を失うことも考えられるため、こちらもなかなかに大胆なアクションが起こせないのが玉に瑕なのです。

難しいという一面はあるものの、リアルな関係が既に構築しているため、チャンスはいくらでもあるというのがこの手のパターンのメリットになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ